PRICE INFORMATION

治療料金

本ページに記載の金額は、すべて税込です。
当クリニックは100%自由診療のため、保険適用はできません。

料金

初診

初診料 ¥3,500 (税込)

マウスピース矯正

ワイヤー矯正

ワイヤー矯正

ワイヤー矯正装置

マウスピース型リテーナー1組含む
非抜歯 ¥547,800 (税込)
抜歯 ¥657,800 (税込)
キレイライン矯正 + ワイヤー矯正ワイヤー矯正治療を開始するにあたり、キレイラインマウスピース・拡大床等、必要と認められた矯正歯科装置(追加リテーナーは対象外)が追加となっても非抜歯¥836,000、抜歯¥946,000を上限とします。但し、再診料は別途必要となります。 非抜歯 ¥836,000 (税込)
抜歯 ¥946,000 (税込)

その他 治療料金

ワイヤー矯正歯科治療 終了後

装置撤去料 (当院でのセット)
片顎
¥0(税込)

X線撮影

セファロ(頭部X線規格写真) ¥11,000 (税込)
パノラマ ¥7,700 (税込)
CT ¥11,000 (税込)

歯のクリーニング

歯石除去(スケーリング) 1ブロック 1/6 ¥1,650 (税込)
全顎 6/6 ¥3,300 (税込)
PMTC 20分以内 ¥3,300 (税込)
40分以内 ¥6,600 (税込)

ホワイトニング

ホームホワイトニングジェル
1本
¥3,300 (税込)
ホームホワイトニングジェル
2本目以降
¥2,200 (税込)
ホームホワイトニングジェル
12本セット
¥22,000 (税込)
ホワイトニング用トレイ
片顎
¥5,500 (税込)

その他

ブラケット/ワイヤー撤去(他院でのセット)
片顎
¥22,000 (税込)
バンド撤去 (他院でのセット)
1歯
¥1,100 (税込)
書類作成料 (診断書/紹介状等) 各¥5,500 (税込)
資料作成料(転院時/紹介時) ¥5,500~33,000 (税込)

仮歯

プロビジョナルクラウン 1歯 ¥6,600 (税込)

予防処置

フッ素塗布 ¥1,650 (税込)

虫歯治療

虫歯 単純治療
1歯
¥3,300 (税込)

抜歯、切開(薬代込み)

乳歯 ¥3,300 (税込)
前歯、小臼歯 ¥7,700 (税込)
大臼歯 ¥8,800 (税込)
智歯(親知らず) ¥11,000 (税込)
埋伏歯 ¥16,500 (税込)
切開(小) ¥3,300 (税込)
切開(大) ¥5,500 (税込)
再掻爬 ¥5,500 (税込)

小児矯正の料金

キレイラインKIDS

キレイラインKIDS ¥165,000 (税込)
再診料
(治療開始から1年間の保証期間における再診料です。)
¥3,300 (税込)
再診料
(キレイラインKIDS使用開始から1年以降の再診料です。)
¥5,500 (税込)

1年以内に紛失や通常利用で破損した場合または成長によるサイズ不適合は、1回限り無料交換いたします。

顎の成長発育完了後(※目安は男子16歳以上、女子14歳以上)、より歯並びを整えたいとご希望の方は21歳未満であれば、キレイライン矯正4回コース以上のご契約時に15%OFFさせていただきます。こちらは同一医療法人内でのみ適用され、転院も同一医療法人に限られます。

payment method

お支払い方法・
保険について

お支払い方法

  • 現金

  • クレジットカード(一括・分割)

  • デンタルローン

※クレジットカード払い・デンタルローンは18歳以上(高校生を除く)が対象となり、詳しい支払い方法や規約につきましては各提携クリニック様により異なります。
予約フォームの備考欄にご記載いただくか、初回検診にお越しの際にクリニックへご相談いただけますと幸いです。

保険について

自由診療のため、保険は利用ができません。

medical deduction

矯正歯科治療の税金還付
(医療費控除)について

『キレイライン矯正』『キレイラインKIDS』などは、原則的に医療費控除の対象外となります。
ただし、例外的に医療費控除の対象になる場合もございますので、以下ご一読のうえ、当院にご相談ください。

※一部「最新の医療費控除制度」と詳細が異なる可能性がございます。
ご不明な点は、税理士・税務署の方に直接ご相談ください。

医療費控除とは

医療費控除とは、自分もしくは自分と生計を共にする家族が支払った医療費を、その年の所得税・住民税から還付・削減することができる制度です。

矯正歯科治療の医療費控除

歯列矯正は原則、健康保険が適用されないため、自由診療となり全額自己負担となります。ただし、一定の条件を満たせば、歯列矯正においても医療費控除の対象になります。

医療費控除の対象となる医療費

対象になる医療費

  • 治療費

  • 交通費(交通機関を利用し、通院にかかった費用)

  • 治療のために必要な医薬品の購入費

※交通費は対象外となる場合もございます。

対象外の医療費

  • 口腔衛生用品(例:歯ブラシ)

  • 通院にかかった車のガソリン、駐車場代

還付金(手元に戻ってくる金額)の計算方法

(1)医療費控除額の計算式

医療費控除額 = その年に発生した医療費の総額-保険などで補填された金額-10万円
※年の所得が200万円未満の方は「10万円」ではなく「総所得×5%」の金額を引きます。

(2)所得税からの還付金の計算式

所得税からの還付金 = (1)で出した医療費控除額 × 所得税別の還付率*

*所得税別の還付率

所得税別の還付率

**課税所得は「支払給与」(給与の額面)とは異なり、「年間の総所得金額から各種所得控除を引いた金額」のことを言います。

(3)住民税からの減税率

住民税率は所得によらず、一律10%
※住民税は、該当年の6月からの住民税の金額で調整されます(還付金ではなく、住民税から減額されます)

デンタルローン(歯科ローン)やクレジットでも控除される?

デンタルローンやクレジットに関しても、一定の条件を満たせば医療費控除の対象になります。ただしローンの金利、手数料相当分は対象外です。
※デンタルローンの場合、ローン契約が成立した年が医療費控除の対象になります。
※デンタルローンを利用する場合、歯科医院から治療費の領収書が患者様のお手元に発行されません。ローンご契約時の「契約書の写し」や「信販会社の領収書」を使用して手続きをしてください。

参考リンク

  • 医療費控除に関して(国税庁)

https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/1120.htm

  • 医療費控除の対象となる歯の治療費の具体例

https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/1128.htm